FXガイド

FXなら「FXガイド」へ! - マージンコールとロスカット


リスク管理を徹底する

マージンコールとロスカットをリスクと捉えるかどうかは個人の考え方次第でしょう。マージンコールとは証拠金維持率が一定以下になったときの通知だと考えればよいでしょう。証拠金が不足しているという事を知らせるためのもので、マージンコールがかかった場合には証拠金を増やすのかポジションをクローズするのかを考えなければなりません。ロスカットという言葉は色々な意味で使われますがここで言うロスカットはFX業者が証拠金の不足を回避するために行う強制ロスカットのことを指します。マージンコールやロスカットをリスクと感じる人はリスク管理が出来ていない人でしょう。基本的なこととしてはどれくらいまでレートが変動するとマージンコールがかかるのかということを知って取引するべきでしょう。そして損失を限定するためにストップロス注文を入れておくことが必要になるでしょう。これが基本的なリスク管理だといえるのではないでしょうか。ある意味では最も重要なリスク管理だと言えますし、これが出来なければFXを取引する事はやめておいたほうが良いでしょう。このように考えていけばマージンコールやロスカットというのは最終的な安全装置だといえるのではないでしょうか。ですからマージンコールとロスカットがあることによって投資した金額以上の損失を防ぐ事ができる場合が多いというメリットがあるのです。最も大きなリスクというのはマージンコールやロスカットが発動されるようなトレーディングをしている事だと言えます。ポジションを持つ前にマージンコールが発動されるレートがいくらなのかということを把握しておくのは当然の事だといえるでしょう。それと共にリスクを拡大させないトレーディングをするべきでしょう。