FXガイド

FXなら「FXガイド」へ! - 取引時間が長い


世界中で取引される為替

FXのメリットとしては取引時間が長いという事が挙げられるでしょう。取引時間が長いというのもメリットと感じる人もいればデメリットと感じる人も多いと思いますが、夜中や早朝でないとトレーディングで着ない人にとっては大きなメリットだと言えるでしょう。FXの取引時間が長い理由としては為替相場がほぼ24時間動いているという事でしょう。土日を除けばほとんどの時間に為替相場は動いていると考えてよいでしょう。月曜日に為替相場は開くのですが最も早く開くのがシドニー市場とウェリントン市場です。シドニーとウェリントンが開いて少しすると東京市場が開くことになります。そして東京が開いてからはアジアの各相場が徐々に開いていって東京が終わるまでにロンドンが開くことになります。ロンドン市場が開いてからしばらくするとニューヨーク市場が開くことになります。ロンドンとニューヨークとが重なっている時間が最も取引が活発になる時期だといえるでしょう。そしてロンドンが閉じてニューヨークだけの時間がしばらく続き、ニューヨークが閉じるとともに次はシドニーとウェリントンが開くという事になるのです。これが続けられますからほぼ24時間取引ができて、そして金曜日のニューヨークが終わるまで取引を出来るのです。金曜日のニューヨークが終わるのは日本時間の土曜日の朝です。ですから月曜日の朝から土曜日の朝までほぼずっと取引できるのです。取引時間が長いために昼間は働いているという人でもロンドン時間やニューヨーク時間に取引をする事ができるというメリットがあります。ただしこの場合には円を中心とした取引ではなくてドルを中心とした取引が多くなされるということに注意が必要です。