FXガイド

FXなら「FXガイド」へ! - 円高と円安


ドルに対する円の価値

円高とは円が高くなることを指して円安とは円が安くなることを指します。このように言うと当然の事かも知れませんが円というのは通貨ですから何に対して高くなるのかということを考えなければならないのです。金融資産に限った事ではありませんが価格が高くなったり安くなったりする時には、基準として通貨を用いる事が多いでしょう。例えば日経平均株価なら9,000円が9,500円になれば高くなったという事ができます。これは通貨を基準としているために簡単に高安を判断できるのです。では通貨そのものの場合にはどうすれば良いでしょうか。通貨そのものを売買する場合には基準としてその通貨を用いるわけには行かないでしょう。何がどれだけ変化しても100円はいつまで経っても100円なのですから。このときに登場するのが外貨という事になります。他の国の通貨を用いる事によって円が高いか低いかを判断する事になるのです。基準とする通貨は何でもかまわないのですが現在では世界の基軸通貨として米ドルが使われていますから米ドルを基準に考える事が多いようです。一般的に「ドル」と言った場合には米ドルを指すのですが、これは米ドルが世界の基軸通貨であるからだといえるでしょう。世界の基軸通貨であるという意味は国際貿易の決済では多くの場合にドルを使うという意味です。円の高安を評価する時にはどの通貨に対する高安なのかを考える必要があるでしょう。そのために通貨をペアで考える必要があるのです。ドルを基準にしても良いですしユーロを基準にしても良いでしょうし、ポンドでも豪ドルでも何でも良いのです。しかしながら一般的にはドルを基準に考えることが多く、単に「円高」と言った場合にはドルに対して高くなることを指すのです。